ショコラティエ

ホワイトチョコでもビターチョコでもないブロンドショコラとは

投稿日:

コンビニには基本行かないのですがちょっと立ち寄ることがあれば、最新のお菓子事情を知るために新製品をチェックしています。

そこでよく買うのがハーゲンダッツの限定味です。

結構な頻度で限定味が出ていると思いますが、どれも興味深く味の組み合わせ方などは同じようなことを考えて作っているなと思うことがよくあります。

 

最近食べたものはブロンドショコラ〜マロンソース仕立て〜という商品です。

このアイスを食べて思ったのはいい組み合わせだなと。

それからマロンソースが渦になって入っているので、なかなか味の出にくいマロンソースの味もしっかりと主張してくれていてなおかつブロンズショコラの味も感じられるバランスでした。

 

一つ言っておくと僕はハーゲンダッツの新製品開発者ではありません。

 

実はこの組み合わせは僕が今年の10月に栗のデザートを考えてポップアップレストランで提供したのですが、それにブロンドショコラを合わせたのです。

もしかしたらそれを見てから開発したのではないでしょうか?

 

 

 

でブロンドショコラって?

 

ショコラには大きく分けてビター(ブラック)とホワイト、その間のミルクに別れていましたがそれにもう一つのカテゴリーができました。

 

もともとはフランスのチョコレートメーカーのヴァローナ社が業務用に数年前キャラメリアという商品を販売し始めました。

それはホワイトチョコを加熱してちょっとキャラメル味でそのぶん甘味の少ない新しいタイプのショコラでした。

 

でもその時には欠点が一つありました。味は美味しかったのですがホワイトチョコレートを加熱して焦がすと中に入っている全粉乳(牛乳から水分を取り除き粉にしたもの)が45℃ぐらいからザラザラとし始めるので、キャラメリアには微かにそのザラザラ感が残っていました。

 

 

ですがつい最近フランスのチョコレートメーカーのバリー社がザラザラしないキャラメル味のショコラを作り出したのです。

それはホワイトチョコを加熱してカラメル化させるのではなくお砂糖のみをカラメル化させてからホワイトチョコを作るという方法にしたそうです。

試食するとどうりで滑らかなはずです。

 

それを気に入りうちでも使いたいと思いこの栗と洋梨のデザートに使いました。

ちなみに組み合わせは、アーモンドのメレンゲと丹波栗の渋皮煮、洋梨のコンポート、温かい丹波栗と卵黄のソースそしてブロンドショコラとサクサクのクロワッサンをコーティングしたアイスクリームという組み合わせでした。

 

 

ぼちぼちブロンドショコラの知名度も上がってきていると同時に開発者も僕たちと同じようなことを考えて作っているんだなと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

-ショコラティエ

Copyright© ショコラティエ上垣河大の工房|フルーヴ(le fleuve)兵庫県養父市 , 2019 All Rights Reserved.